Wish・・・

<解説>
おいらが元歌詞書いて、少し作詞家君に補詞してもらった曲です。
帰り道にボーっとバス乗ってて、手帳に書いた走り書きのメモが元です。

中にやたらと「夢」って言葉が出てきますが、
仕事に追われて、自分が何やってるのかわかんなくって、
気持ちがへこんでたんでしょう、きっと。

ただ、走り書きをワープロ(古い!)で清書して、曲つけて、
作詞家君にちょっと詞を手直ししてもらって・・・アレンジが未だにできてない。

そのため、こいつのアレンジされた完成版データと言うのは、この世に存在しておりません。
ちなみに、「逃げ出したくない」とか書いてますが、本人は、人生逃げまくってます(爆)。
だから、この歌詞は一種の願望でもありますね。
(今読み返すと恥ずかしいけど、だから、結構好きだったりする)


曲データってなぁに?

<歌詞>
黄昏 家への帰り道 子供達が駆けていく
遠い日 思い出していた 幼い自分が笑ってる

なんにも知らない子供だったけれど
今よりもっと 見えてたよね いろんなもの

たくさんのもの失い 大人へ変わってく
だけど今も 変わらないで 持ってるものがあるよ
どんなに高い壁にも 夢をあきらめない
そんな強さ ずっと失くしたくない

 

大人に なりたくはないと 逃げていた あの頃を
今では 懐かしく思う 大人の自分がここにいる

無邪気な笑顔も 失くしてしまった
生きてくことに 心が疲れてしまっても

まっすぐ見つめる瞳を 持ち続けていたい
どんなに辛いことがあっても 瞳そらし逃げ出したくない
自由に生きる翼を この手に入れるため
探し続けよう いつか笑える日まで

 
たくさんのものを捨てて 大人へ歩き出す
だけど今も変わらないで 持ってるものがあるよ
時が流れてく中でも 自分見失わず
歩いていこう きっと夢届くから
歩いていこう 夢叶うその日まで

Musics by Irana
Words by Irana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です