ばーちゃんの手術

パニクってた原因はこれでした。
一昨昨日の夜中から急に具合悪くなって緊急入院してたばーちゃん。
ずっとお腹痛い痛いって言ってたのに、昨日まで内科の先生は「何もないですよ」と。
なのに急に今日の11時頃電話があって「CT撮ったら腸閉塞起こしてます」と。
…はあ?
私は出勤途中だったので、とりあえずその時点では母上だけ病院行って、
投薬治療で何とかなるのか、手術しないといけないのか、話聞いてくる事になって。


で、12時半頃かなぁ…
「緊急手術しないと一両日保たない」
って母上から電話。
手術する方向ですすめるよって言われて、
私はお客さんとこ行かないといけなかったから、とにかく終わったらすぐ病院向かうって話になって。
…お客さんとこでもあんまし頭回って無くて、他にも色々あってパニクりまくってました…
…ほんっとーにすみません…>各方面
って私が病院向かうまでの話はまあいいや。。。
んで病院ついて、待合室で母上と合流。
待つ。待つ。待つ。待つ。
18時位かな?
先生に呼ばれてお話し。
血栓が原因で腸に血が行かなくなったせいで、小腸の大部分と大腸の一部が壊死してたとの事。
 #その血栓の原因は不明
で、壊死部分をかなり切り取って後をつないだと。
でも、手術はしたけどまだ安心できる状況じゃない、
単に生き延びるチャンスが出来ただけだと。
あとは、腸の繋いだ部分がくっつくか、合併症を起こさないか、
この2点が生き延びるかどうかのポイントだけど、これはもう本人の体力勝負だと。
面会したけど、当分麻酔から醒めさせないんだって。
大きな手術で体力落ちてるだろうから、呼吸が不安定になる可能性があるので、
人工呼吸器つけておくために麻酔かけっぱなんだって。
なんかすごくやだけど、それで少しでも良くなるなら仕方ないかな…
まだまだやっとこ最初のハードルを越えたばっかりで、先は長い・・・
でも、越えなきゃ始まんないしね。
大丈夫、大丈夫、大丈夫、大丈夫、大丈夫…
ばーちゃん、102歳で骨折してもちゃんと骨くっつくんだぞ。
臓器と骨を一緒にしちゃいけないかもしんないけど、
そんだけ回復力があるんだから、絶対大丈夫なんだってば。
二度の世界大戦を経験してる明治生まれをなめるなっ!!!
・・・明日も病院行ってきます。

ばーちゃんの手術” への1件のコメント

  1. うむ、そーゆー時こそ冷静にな。
    慌てちゃ、周りが見えなくなるだよ。
    ねーさんが落ち着いていれば、かーちゃんも助かるから。
    どうぞお大事にね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です