今日のばーちゃん

人工呼吸器のおかげで、一時的に状況は落ち着いた模様。
一昨日、先生からの話は、結局以下の通りでした。

  • 肺炎起こしてる
  • 自発呼吸をするには体力がもう限界
  • 自発呼吸だと酸素はギリギリ取り込めてるけど、二酸化炭素がうまく吐けてない
  • このままだと二・三日うちに呼吸が止まる(って手術の時も似たようなことを、、、)
  • 人工呼吸器つければ呼吸に関しては解決するけど、
     口から管通せるのは二週間以内、それ以降は気道切開必要
  • 人工呼吸器で体力取り戻して少しでも回復するか、
     それともこのまま体力消耗し尽くして儚くなるか、は本人の体力次第、今が多分ヤマ場
  • お腹の傷、表面は全然くっついてない。細胞の賦活力が弱い。
    腸の縫った部分は今のところ外れたとかそう言う事はない。

でもって、とにかく二言目には「年齢が・・・」「体力が・・・」を連呼してました。
んなもんわかってるっちゅーの。


人工呼吸器の再装着は、気道切開の事があるので母上と二人で散々迷ったです。
先生と話してるときは「お願いします」って言ったのに、
その後、ばーちゃんの酸素の値が結局上がらなくて、
先生が「じゃあこれから…」って言い出したときに「ちょっと待って」って言っちゃったし。。。
でも、別の先生が血液検査の結果持ってきて「このままだと・・・」ってまた言われて。
で、伯父さんやうちの兄貴に電話して、意見聞いて、、、
結局お願いすることにしたんだけど…
人工呼吸器を再装着して本当によかったのか、
それとも、酸素マスクのままで頑張ってもらった方がよかったのか、
再装着しちゃった後でもまだなんだか悩んでたりするです・・・
とにかく、肺炎がよくなって人工呼吸器が少しでも早く外れますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です