グイン・サーガ117巻「暁の脱出」

ライブが終わってようやく書ける(笑)
とっくの昔(発売日前日)に読み終わってたんだけどね(汗)
そろそろ書かないともう12月で118が発売になっちゃうから…

415030906X 暁の脱出 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-117 グイン・サーガ 117)
栗本 薫
早川書房 2007-11

by G-Tools

はい、ということで月刊グインの2回目は117巻「暁の脱出」。
表紙は、羽があるけど多分マーロールだと思われます。
なんせ今回大活躍だし、一応死の大天使(ってサン・ジュストかよ)だし。
今回の英語タイトルは
THE DEPARTURE AT DAWN
直訳で暁の出発…うーん、なんのヒネリも面白みも無いなぁ。
116巻の某格ゲーみたいな英語タイトルの方がいっそすがすがしくてよかったな(笑)
と、それはさておき。
ネタバレコーナー行きます。

最近大量空白に飽きてきた(汗)
前回とりあえず頂上決戦にケリがつきかけたところでヒキで、
今回まだちょっと引きずってましたが、まあそれは置いといて。
今回のネタは、

  • マーロール大活躍
  • 某キャラがおいしいとこさらっていった
  • さよならタイス

かな。
 #三つだとサザエさんみたい(笑)
なんせ、今までの出番の少なさの鬱憤を晴らすかのように、マーロール大活躍。
ガンダル倒して大闘王になったグンド(グイン)の代わりとかいっちゃって、
クムのお歴々の前で「ローラ(フロリー)を殺害した」ってタイス伯の告発始めちゃうし。
自分の素性(タイ・ソンのセガレ)もばらして「母親殺された」とか言っちゃうし。
衝撃続きのタイス伯タイ・ソン、一生懸命抵抗してましたが、
挙句の果てにマリウスにまで「ローラを水牢に落としたのは…」とかやられて、もうしおしお。
「なぜだ、小鳥ちゃん…(寒っ!)」「小鳥ちゃんにまで裏切られたらもう楽しみが…」
とかつぶやきながら退場。
 #って、大公とか宰相の前で「小鳥ちゃん」ってどーなのよ、タイス伯…
んでもって、アホタリクが一人でフロリーの悲劇に酔っ払ってる間に、
マーロールがちゃっかり新タイス伯になっちゃってたり。
完全に今回の話の3/4はマーロールが主役ですな。
ところで、そのすったもんだの間、
可愛そうにグインは大怪我したまま応急手当だけで放置…
イシュトだって腹に大穴開けられた時には比較的早く手当てしてもらってたのに、
主人公だってのに腕が切り落とされそうな大怪我なのに立ち尽くしてたと言う…
まあ、この人(?)の場合ナニやっても死にそうに無いし、
てゆーか、もう「七人の魔道師」とか「鏡の国の戦士」とかがあるから、
両腕無事なのわかっちゃいるんですけどね。
でも「どーせグインだからへーき」ってのがちょっとあからさま過ぎてイヤン(笑)
一人で気をもんでるブランが物凄くかわいそうだったりして(笑)
 #よっぽど肩叩いて「グインだからへーきだよ」って言ってあげたくなった(爆)
と、それはさておき。
大怪我グイン、死んだフリして紅鶴城から地下水路へ。
タイス脱出を試みます。
 #しかしこの作者は本当に佯死が好きだな
そこでまた巨大ワニ(ほとんど恐竜)に襲われたりして、
なんか死にフラグっぽいのが立ってたブランがあわや、ってとこで出てきたのが…
おまえかよ、ヴァレリウス!
もうボチボチ湧いてもいいころだとは思ったけど、ここかよ(笑)
私はタイスを出てから合流かと思ってたんですけどね。
どうもタイスの街中で時折ブランが視線を感じてたのはヴァレリウスだったらしいです。
ブラン、見せ場をすっかり奪われてまたちょっと気の毒(笑)
まあ、死にフラグ立って儚く散っていくよりも、生きてる方がいいけどね。
カメさんのためにも。
 #それにしても魔道師ってヤツぁよぅ(笑)
んでもって、化けワニ倒してみたり、グインの治療してみたり、船操縦してみたりとヴァレさん大忙し。
ちらっとリギアを見た時に昔の感情が垣間見えたりして、
まだパロが平和だった頃の事がふっと思い出されました。
 #ああ、まだ30巻にもなってなかった頃だね…遠い昔だ…
最後にタイスを離れるときにフロリーとブランがちょっと感慨にふけってたのは、
まあ、あれだけ長くいたのでわからないでもないです。
私はどっちかというと「さよならタイス、もうこねーよ」みたいな感じでしたが(笑)
でも、あのタイスを離れていくときの情景描写は嫌いじゃないかな。
な、が、か、っ、たぁぁぁぁ、よーやくタイス出たぞぉぉぉぉ。
まあ、ヴァレさん合流したので、これ以上寄り道はないだろうし、
せいぜいクリスタルまでにマリウスが逃げ出すかどうか…だけど、
まあ、間違いなくクリスタルに付いたら幽閉されるだろうし、
マリウスは逃げ出すよなぁ、きっと。
だって、吟遊詩人のマリウスの顔をアレだけ売っちゃったんだし、
少なくともクムのほとぼりがさめるまでは、とてもパロの王位継承者としてお披露目できないでしょ。
「パロの王位継承者はタイス伯の愛人だった」ってことがバレたら、
それこそパロ王家の面目地に落ちたり、って感じだし。
ってことはまず確実に幽閉されるもんなぁ。
それか、完全に歌禁止とか。
でも、歌を取り上げられたら、マリウス死んじゃうもんね。
だもんで、なんとなく118巻は、マリウスが逃げ出すアタリのすったもんだがあって、
リンダとグインの再会シーン直前で終わりそうなヨカーン(爆)
ヒキはきっとあれだ、
「グイン?グインなの?ああ、早く通してちょうだい!会いたのよ!」
みたいなリンダのセリフだ(笑)
 #外れても責任は持ちませんです、はい
  でも、118のヒキじゃなくても、少なくとも章のヒキにはありそうな感じ(笑)
そんな、極道なヒキに対する期待が一杯(汗)のグイン118巻「クリスタルの再会」
発売は12月10日予定。
まて、次号。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です