V3がスクリーンで復活だそうな

仮面ライダーV3が秋に映画で登場するらしい。

1970年代に変身ヒーローブームをけん引した仮面ライダーV3がスクリーンで復活する。今秋公開の「仮面ライダー THE NEXT」(監督田崎竜太)で、V3が劇場版に登場するのは「8人ライダーVS銀河王」以来27年ぶり。歴代シリーズの中でも最高傑作と呼ばれ、人気を誇ったV3。オールドファンの注目も集めそうだ

…一瞬宮内洋がおやっさんと二役やるのかと思ったら(マテ)、
仮面ライダーカブトに出演してた加藤和樹って人がやるそうです。
風見志郎は宮内洋ならではなんだけどなぁ。
しかも敵はデストロンじゃなくてショッカーのままらしいですよ。
宮内ファンとしてはなんかフクザツ…
つか、宮内洋の方がもっとフクザツなんじゃないかと思うけどね。
さて、どんなV3になりますことやら。

3 thoughts on “V3がスクリーンで復活だそうな

  1. 変身前に生身で戦って、口の端を切ったりアザを作ってから変身ってのは今作にも受け継がれるのだろうか?
    『そのままじゃ勝てないから、早く変身しろよライダー!』
    と、子供心にヤキモキしたのを覚えてるので(w
    いずれにせよ、直撃世代なので気になるトコだなあ。
    たぶん見に行くけど、観客の大多数はオッサンの予感(ぉ

  2. むうぅ。
    しかし、仮面の一族は大当たりじゃのぉ。円谷さんの超人一族は先細りとなっておると言うのに ゴホゴホ。
    まぁ元宮内マニヤのお主にしてみれば今度のV3はイメージと全く違うものになるのではないじゃろか。 ただ、芝居はきっと当時の宮内さんとそう大差ないと思うぞ。 ま、考えてみれば宮内さんがアノ齢で「とぉーっ」とか言って飛んだり跳ねたりする方がおかしいのぉ。それこそ年寄りの冷や水じゃわい。こんなところにも世代交代の波が押し寄せてるんじゃのぉ。それでは年寄りは退散退散。

  3. >ユン
    まあ、V3といえばアザと唇を切って端から血を流す、だからなぁ。
    とゆーか、それは宮内氏の専売な気もするが…
    ワシ的には「あれが似合う役者じゃなきゃ許せん!」と思ったり(^^;
    劇場にまでは見に行きたくないな、ワシ。
    >兄
    いやん、またもや兄上ご降臨(>_>ユン
    まあ、V3といえばアザと唇を切って端から血を流す、だからなぁ。
    とゆーか、それは宮内氏の専売な気もするが…
    ワシ的には「あれが似合う役者じゃなきゃ許せん!」と思ったり(^^;
    劇場にまでは見に行きたくないな、ワシ。
    >兄
    いやん、またもや兄上ご降臨(>_<) このネタ書いた時からは危険な気がしてたけど(^^; 光の戦士は戦闘で巨大化する分、仮面の戦士より話を作りにくい気がするだよ、ワシ。 いっそマガジンZで連載中の光の戦士のやつ(タイトル忘れた)でも 実写化してみるのも面白いかもしれん。 個人的には仮面の戦士もリメイクじゃなくてSPRITS(同じくマガジンZ連載中)の方を実写にしてほしかったなぁ。 まあ、今更風見の志郎さんは無理だろうけど、早川健は宮内氏のままでいてほしい…

コメントは停止中です。