ジェフリー・アーチャー読み直しキャンペーン(笑)

こないだ「誇りと復讐」読み終わってから、
アーチャー長編読み直しキャンペーン開始。
現在、
「百万ドルを取り返せ!」
「ケインとアベル」(上)(下)
「ロスノフスキ家の娘」(上)(下)
新版「大統領に知らせますか?」
「ロシア皇帝の密約」
まで読了。
これから「チェルシー・テラスへの道」(上)(下)にとりかかります。
 #グインは会社の帰りに買って、サックリ読んだのさ
このころのアーチャー、やっぱ面白い。
ま、パターン決まってるけどね(笑)
あ、そういえば持ってんの全作品じゃなかったかも。
脚本調の「無実と無罪の間」「最後の特ダネ」は持ってないんだった。
だってさー、戯曲って読みにくいんだもん、、、

2 thoughts on “ジェフリー・アーチャー読み直しキャンペーン(笑)

  1. 短編集の中にもいいやつあるよ。タイトル忘れたけど。
    もっとも、その中でもいいのはたいてい1編か2編なんだけどね。
    逆に言うと1冊の中にその程度は秀逸な作品が眠っている。
    ぼくは長編よりも(当たった)短編の方がアーチャーは好きかも。

  2. 短編は、当たりに到達するまでの面白くないヤツを読むのが苦痛でさぁ(苦笑)
    長編でも「メディア買収の野望」はあんまり好きじゃなかったりするんだけどね。
    「運命の息子」も微妙。
    サーガ系だと好きなのはやっぱダウニング街とチェルシーかな。
    最近、世界情勢の変化の関係か、昔の作品が随分絶版になってるのが悲しいところ。

コメントは停止中です。