発熱その後

今日も昼間に一旦37.5度まで上がったけど、
今のところは36度台後半で落ち着いてる模様(といっても平熱36.0度の人間には十分微熱だけど)。
色々心配コメントいただいた皆様、ありがとうです。
みくしのコメントにも書いたけど、昨日病院に行って、インフルエンザ検査は陰性。
まあ、過去にインフルエンザ陰性で結局インフルだったって言う経験もあるわけだけど、、、
今回普通に病院の解熱剤が効いてるし、
今までインフルの時って一般的な解熱剤が一切効かなかったから、
確実にインフルエンザでは無いと思われ。


昨夜の仕事は、サーバーのプロセス監視をとある時間帯だけ行う必要があったので、
とりあえず家からひたすら監視モード。
時々余分なプロセスをkillしながら、なんとか無事にその時間帯をやりすごせたのでヨシ。
あとはひたすら食っちゃ寝モード。
とにかく厄介なのは熱より咳。
どうやら気管支に降りたらしく、全身使う深い咳。。。
腹筋痛いし、頭に響くし、口の中は血の味するし、呼吸はヒューヒューするし・・・
熱とコンボだと呼吸がまともにできないので、非常に苦しひのだな。
まあ、今は熱が下がったおかげで、時折発作的に起きる咳を耐えればいいだけだけど。
それも咳止めのおかげで大分収まってるし。
明日は午前中に病院行って、それから会社に行く予定。。。
インフルじゃないから、出社してもいいよね?

2 thoughts on “発熱その後

  1. みんなの迷惑だから休みなさい。
    のどの痛みには、大根10cm長さを拍子木切にして(わかるね?)、
    できれば水飴、なければはちみつをかけて(全体にかぶるくらい)、
    タッパーのような密閉容器にしばらく放置。
    大根の水分が出て、少しさらさらになった蜜をカレースプーン1杯ぐらい飲む。
    咳が出たり、喉が痛む時に、また飲む。
    蜜の甘さがあったり、大根の青臭さはあるけれど、
    喉の痛みにはてきめんに効きます。
    なにより、薬ぢゃないから、飲んでいるものとバッティングしない。
    お試しあれ。

  2. これがだな、今回喉は一切痛くないのだよ。
    ひたすら咳が苦しいだけで。
    なので、どっちかっつーとレンコンすり下ろした絞り汁の方が効いたりするんだ。

コメントは停止中です。