vSphere Web Client利用のためのFlashの暫定的延命措置

NSX Edgeを操作するにはvSphere Web Client(Flash)が必要なため、
Flash EOS後の暫定延命措置(ただし自己責任)

使用ブラウザ

1.Windows 10

■Microsoft Edge(Chromium)

確認済みバージョン(但し、FlashのEOS前に一度でもEdgeでFlashコンテンツを利用していることが前提…ぽい)

  • 86.0.622.51
  • 87.0.664.60

2.Windows Server

■Internet Explorer 11

確認済みバージョン

  • WIndows Server 2016:11.4046.14393.0
  • Windows Server 2019:11.615.17763.0

暫定対応の手順

1.Windows 10

1-1. 自動更新の停止

  1. C:Files (x86)
  2. MicrosoftEdgeUpdate.exeをMicrosoftEdgeUpdateStop.exeにリネームする
  3. Edgeの「設定」→「Microsoft Edgeについて」を開き、バージョン情報を確認する
  4. 「更新プログラムの確認中にエラーが発生しました: コンポーネントを作成できませんでした (エラー コード 3: 0x80080005 – system level)。」が表示されたら自動更新が無効化されている

1-2. mms.cfgの作成

  1. %localappdata%DataDataFlash が有るかどうか確認する(ない場合は作成する)
  2. mms.cfgファイルを作成し、以下のパラメータを記載する(もしmms.cfgファイルがある場合は、パラメータを追記する)
  EOLUninstallDisable=1
  EnabledAllowList=1
  AllowListPreview=1
  AllowListUrlPattern=https://vcenter-tok02.tok02.ccbji.jp//vsphere-client/?csp
  AllowListUrlPattern=https://10.212.43.68/vsphere-client/?csp

2. Windows Server

Flashの有効化

2-1. 以下のパスでFlashのパッケージを確認する
C:\Windows\servicing\Packages
(例)
Windows Server 2016:Adobe-Flash-For-Windows-Package~31bf3856ad364e35~amd64\~~10.0.14393.0.mum
Windows Server 2019:Adobe-Flash-For-Windows-Package~31bf3856ad364e35~amd64\~~10.0.17763.1.mum

2-2. コマンドプロンプトで、各々のパッケージに対応したコマンドを実行する

#Windows Server 2016
dism /online /add-package /packagepath:"C:\Windows\servicing\Packages\Adobe-Flash-For-Windows-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.14393.0.mum"

#Windows Server 2019
dism /online /add-package /packagepath:"C:\Windows\servicing\Packages\Adobe-Flash-For-Windows-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.17763.1.mum"

2-3. OSを再起動する 2-4. 1-2のmms.cfgと同じものを作成し、以下のパスに配置する
32bit:%windir%32
64bit:%windir%64

参考リンク

VMware Flash End of Life and Supportability (78589)
https://kb.vmware.com/s/article/78589?lang=ja

Windows Server 2016でIE11にAdobe Flash Playerをインストールして有効にする
http://norimaki2000.blog48.fc2.com/blog-entry-1492.html?sp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です