ファンサイト管理人のジレンマ

ご存知の通り、川原泉のファンサイト管理人をやってるわけですが。
時々やってて悩むですよ。
まあ、現在の基本的スタンスはデータベースサイトなんですけどね。
そのデータもどこまで追いかけるべきなのかと。
たとえば、この夏の映画みたいな派生メディアとか、
作者のメディア露出とか。
特にこの夏、「笑う大天使」の映画が公開されたおかげで作者インタビューがあちこちに出てて。
一応「こんなのに掲載されますぜ」ってニュースは掲載したりするわけだけど、
やっぱり後手後手になっちゃうんだよね。
実際のトコ、そこまでこまめに雑誌類チェックしてないし。
あと、「笑う大天使」のフォトブックだのDVDも買わねばならんのか、とか…
そーゆーのをつらつら考え始めると、ついつい更新の手も滞ってしまうわけで(^^;)
一応ニュースとか作品掲載情報は更新してるけど、
またコンテンツ更新が止まった(^^;)
これまでって、作者本人がメジャーマイナーみたいな感じだったからひっそりやってたけど、
こーゆー派生メディアとかが生まれるとキリがないよね。
ほんと、どこまで追ったらいいんだろ?
そう考えるとふとさん(KWSっていう角松ファンサイトの管理人さん)ってコマメに情報チェックしてるよなぁ…
えらすぎる。
へっぽこ管理人はちょっぴし頭がぐるぐるです。
うむぅ。

ファンサイト管理人のジレンマ” への3件のコメント

  1. 新しいものは措いといて、未完のコンテンツを充実しようぜ。
    新着ニュースサイトじゃ無いんだしね。
    コミック限定でも良いんじゃないかな。

  2. 情報提供者を募り、副管理人に任命。
    Sさんあたり、適任ですぞ♪
    映画を6回以上観た人ですし(^^)。

  3. >ふじじ
    そいでも期待されたら応えねばなるまい。
    ただ、キリがないから線引きはしたいな。
    まあ、掲載誌を全て立ち読みで済ませてる(単行本は買ってる)管理人ってのもどうかとは思うが(笑)
    >トリスさん
    んー、スタッフは一応いるんだけど休眠状態なのよね〜。
    あと、追いかけて掲載するのはどこまでか、というところで悩むのよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です