天下騒乱〜徳川三代の陰謀

テレビ東京の10時間ドラマです。
12時間ドラマ時代はしょっちゅう見てたんだけど、気がついたら10時間ドラマになってました(^^;)
なんか制作会社も変わったらしい。
 #一応去年の国盗り物語も見たんだけどなぁ(^^;)
それはさておき、今回の天下騒乱。
いやー、面白かったー。
もうテレビに釘付けですよ、釘付け(笑)
去年の国盗り物語に比べたらこっちの方が絶対面白い。
今回は権謀術数ありーの、派手な殺陣ありーので楽しい楽しい。
それも殺陣は集団戦闘よほぼり個人技で魅せる感じなので、わくわくして見てました。
 #又右衛門以外、十兵衛もあまり強く見えないのは置いといて(^^;)
キャストも(家康とその他2・3人以外は)イメージぴったりだったしね。
 #山崎努の家康って死にかけっぷりは気持ち悪いくらい(爆)の名演技なんだけど、
  家康はどうしても太目の人っていうイメージがあるもんで(^^;)
 #その他は、松平忠輝と駿河大納言忠長があまりにもお馬鹿キャラだったり、
  伊達政宗がただのひ弱そうなインケン親父だったりしたのがちとマイナス
去年のキャストがひどい、というよりは今年が秀逸なんだろうなぁ。
個人的好みでいえば、村上弘明の荒木又右衛門が特にすんばらしい。


村上弘明はすっかり時代劇俳優として定着して、
どんどん熟してきてるので、見ていて楽しいです。
 #昔は仮面ライダー(スカイライダー)だったんだけどね(笑)
んで、割とどんな役でもかっこよく見えるんですが(最近でいうと銭形平次とか)、
特に今回の又右衛門はカッチョよかったです。
 #荒木又右衛門自体も結構好きだからね(^^;)
だもんで、鍵屋の辻〜又右衛門の切腹までの流れなんて目が離せませんわ♪
特に桜井半兵衛(榎木孝明。この人も好き♪)との戦いなんて、食い入るように見ちゃいまして…
戦ってる途中で狭い通りに半兵衛と又右衛門が入るんですが、思わず
「槍使いのくせに不利な所に誘い込まれてどーするよ!」
と突っ込んでしまいました(^^;)
手槍ならともかく、長槍は両側に家が立ち並ぶ通路じゃ振り回せないもんねぇ…
間合いが広くていいんだけど、逆にそゆとこ(狭い所で扱いにくい)が東洋西洋問わず、ポールウェポンの欠点ですな。
 #なんか話がずれた(^^;)
と、とにかく、又右衛門は中盤からの登場なんですが、
はっきりいって他の主役二人(土井利勝・柳生十兵衛)が霞むくらいかっこよかったっす(判官贔屓♪)
あー、もちろん柳生十兵衛役の中村獅童が悪いわけじゃなく、むしろよい出来ではないかと思います。
ちょうど家光の指南役〜出奔するあたりなので、色々葛藤があったりなんかするし、若々しくていい感じ。
ただ、今回は十兵衛は一応主役ってことにはなってますが、あんまり掘り下げられてない感じ。
なので、登場シーンが多い割には印象に残らないので、逆に中村獅童には気の毒かも?
あと、ワタクシ的にはどーしても柳生十兵衛=千葉真一なので(爆)
 #特に「魔界転生」(天草四郎=沢田研二のやつ)の頃なんて絶頂期でないかい?
 #基本は近衛十四郎らしいが、さすがに見たことない(笑)
  #あと、十兵衛の殺陣はちゃんと型を考証して揃えているらしく、誰がやっても基本の型は一緒。
   でも、千葉真一の殺陣がやっぱし一番好きだったなぁ…
だもんで、あれを超える十兵衛ってのはなかなか難しいと思います。
そう考えると、やっぱり中村獅童は頑張ってたと思いますよ、ええ。
丹下左膳なんかもやってたおかげか、片目も結構違和感特になかったし。
 #でも眼帯が革製なのはちょっといやん(笑)
えー、土井利勝な西田敏行ですが。
やはり貫禄です。出てくると雰囲気が変わります。
おちゃらけたとこもなくて、非常に真面目なキャラなので、西田敏行的には結構珍しい。
土井利勝ってどうも本多正純や保科正行なんかに比べると地味な気がしてたんですが、
今回ちょっと見直してみたり。
今回は宇都宮釣天井事件なんかもちゃんと取り上げられてて、
権謀術数を描くのも結構力を入れてた感じ。
 #ただ、本多正純が釣天井に潰されて圧死するのはいかがなものか(笑)
  #その辺はやっぱドラマなんだろうねぇ
河合又五郎の刃傷〜仇討ちの時の旗本対池田家の構図も「それなり」に描かれてたし。
ただ、河合又五郎が渡部源太夫を切ったそもそもの原因て、
確か衆道の痴情のもつれだったと思ったけど…
そのわりに渡部源太夫がイケメンじゃなかったので(笑)変だなぁと思ったら、
今回は武士の面目(というより父と自分を侮辱したことに対する怒り)ってことになってました。
まあ、そうじゃないと十兵衛が仇討ちを止めるために奔走するわけないけど。
 #痴情のもつれじゃ誰も止める気にならんよねぇ(爆)
  #それとも、そんなくだらない仇討ちに又右衛門が手を貸すのをやめさせたくて必死こいて止めるかな(笑)
とお馬鹿な話はおいといて、と。
とゆーことで、久々に10時間ドラマで最初から最後まで釘付けでした。
ここまで釘付けだったのって市川団十郎の「炎の奉行 大岡越前守」以来だなぁ。
いやー、面白かった。
来年もこーゆーしっかりした時代劇だといいなぁ…
竜馬モノとかはもう食傷気味なので、いっそ隆慶一郎作品をドラマ化して欲しいなぁ。
捨て童子・松平忠輝」なんかいいんだけどねぇ。
 #ただ、一回「影武者徳川家康」が失敗してるから、よっぽど慎重に作んないとだけど…
まあ、とにかく今年の出来がよかったので、来年に今から期待しときます。
あとで今日の分のDVDつくっとこーっと。
2006/1/3 9:55追記
こちらからTBいただきました。
天下騒乱についての感想記事集めてあって、うっとこもちょこんと入ってます(笑)
読み比べてみたい方はどぞどぞ。

毎年恒例のテレビ東京系長時間時代劇「天下騒乱」。今年は10時間。
うーん。長丁場。
関連するブログ記事を集めてみましたので読み比べてみてください。

5 thoughts on “天下騒乱〜徳川三代の陰謀

  1. 「天下騒乱」

    毎年恒例のテレビ東京系長時間時代劇「天下騒乱」。今年は10時間。
    うーん。長丁場。
    関連するブログ記事を集めてみましたので読み比べてみてください。

  2. つっちぃです、
    あけましておめでとうございます!
    「捨て童子・松平忠輝」、「影武者徳川家康」是非、実写で見てみたいですね!
    但し、ストーリーは原作に忠実に、配役は史実に基づいて、放映時間はNHK大河ドラマ並
    という条件ならですけど…
    特に前の失敗は痛かったから…かなり無理あったよね。
    まあ、いちファンが妄想してるだけですので聞き流してやって下さい。
    今年もよろしくお願いします。でわ

  3. 天下騒乱

    長かった〜〜
    とりあえず、色々ありすぎて書いていけないくらいの感想があります。
    あえて一言に絞るなら、
    話の全容を掴むのに苦労したな〜。

  4. 「捨て童子・松平忠輝」はまだ「影武者〜」より短いから、10時間ドラマでもアリかと。
    連ドラよりもイッキ見したいのよ、私は。
    >特に前の失敗は痛かったから…かなり無理あったよね。
    うー、あの時は特に周辺キャストがひどかったからなぁ。
    細くて弱弱しくてヨボヨボな島左近とか、町のヤクザみたいな風魔小太郎とか…
    二郎三郎(高橋秀樹)とお梶の方(片平なぎさ)がかろうじて許容範囲ギリギリ?
    でも、二郎三郎は西田敏行の方が似合うと思うんだよね。
    家康が似合って、庶民の愛嬌と野武士のふてぶてしさと武将の貫禄を同時に表現できるとなると、今はこの人くらいしか思いつかん。
     #家康が似合うもう一人の津川雅彦は特別ゲストとしてすぐ死んじゃう本物の方で(笑)
    そのほか妄想キャスト
    ・島左近…千葉真一
    ・風の六郎…真田広之
     #夢の師弟共演(笑)
    ・風魔小太郎…宮内洋(趣味)
    ・本多正信…石坂浩二
    ・本多正純…榎木孝明(趣味)
    ぱっと思いついたのがこんな感じ。
    大河ドラマでやってくんないかしら・・・

  5. 特別ドラマ『天下騒乱 徳川三代の陰謀』視聴率情報!

    新春ワイド時代劇『天下騒乱 徳川三代の陰謀』(2006年1月2日14時からテレビ東京系列にて放映)の視聴率が判明しました。10時間にも及ぶ本作。視聴率も3…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です