どっちもどっち? 松本零士VS槇原敬之

「999」のセリフを勝手に歌詞に使われたってことで、
松本零士が槇原敬之に抗議してるそうな。

 漫画家の松本零士氏(68)が代表作「銀河鉄道999」のフレーズを盗作されたとして、歌手の槇原敬之(37)に抗議していると、19日発売の「女性セブン」が報じており、松本氏はスポニチの取材に「私の言葉を奪われた。どうしてごめんと言えないのか」と怒りが収まらない様子。槇原側も「盗作呼ばわりされて嫌な気分。法廷で争ってもいい」と不快感をあらわにし、全面対決の様相だ。
問題となっているのは槇原の作詞作曲で人気デュオ「CHEMISTRY」が今月4日に発売した新曲「約束の場所」。スープのCMソングとしてお茶の間にも流れ、オリコンチャート4位に入るなどヒット中だ。
松本氏が「盗作」と断じているのは、「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」——というサビの部分。これが「銀河鉄道999」(小学館刊)の第21巻に登場する「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズに「そっくりだ」と主張している。 

(引用文は一部強調しています)
ちなみにどんな曲か知りたい方はこちらをどぞ。
YouTube – 約束の場所
ほんのワンフレーズだし、「999」のセリフとはニュアンスも違うし、盗作とは言いがたいよなぁ。
なんかどっちの態度も大人気ないね。


Yahoo!で「どっちの言い分に分がある?」って投票やってるんだけど、
Yahoo!ニュース – 投票 – 松本零士と槇原敬之、言い分はどちらに?
やっぱ松本零士派よりもマッキー派が多いね。
圧倒的多数、とまではいかないけど。
コメント見ると、「999」知らないって人もいるし、アニメを見ててもそんなセリフ知らないって人もいるし、
原作読んでる人しか知らない言葉の可能性高し。
私もアニメは見てたけど全然このセリフは記憶に無いし、原作は拾い読みしかして無いし。
しかも原作だって休載だの掲載誌の廃刊だので途切れがちだったし、
21巻あたりになると、よっぽど好きな人じゃないとまともに読んでないんじゃないかなぁ(^^;)
個人的には「たかがセリフ1個でめくじら立てるんじゃねぇ」って感じー。
そんなに自分でいい言葉だと思ってるんなら、
他の人がメッセージとして使ったっていーじゃないか。
マッキーはともかく、 CHEMISTRYが気の毒だと思うぞ。
まあ、今のご時世松本零士作品を知らない人も多いし、
うがった見方をすると、逆に話題づくりのために抗議してるようにも見えちゃうから、
程々のところで松本零士が退いた方がいいような気がするなぁ。

8 thoughts on “どっちもどっち? 松本零士VS槇原敬之

  1. 松本氏の態度に余裕のなさを感じましたねぇ。
    槙原氏の言い分は、多少割り引いているんじゃないでしょうか。「そういえば、過去にアニメも見たし、どこか心の片隅に残っていたのかもしれない」ぐらいに。
    でも、「出典」とまで言えるかどうかは、きわめて微妙。
    最終的には和解するんでしょうけど、両者ともこれで売ってたりしたらヤですね。

  2. どっちも大人気ないに一票(苦笑)
    似ちゃうこともあるが、それはそれだけだろ、今回の場合。
    目くじら立てて「盗作だ」と騒ぐのはそれしか自分のしがみつけるものがないからなのか?
    騒ぎにしたかったのか、と勘繰られても仕方ないわ。
    もし影響うけてたとしても、使用文脈ちがうじゃんよ。
    ってか「銀河鉄道の夜」に着想を得た作品自体は?
    これはこれでステキに仕上がったから、いいじゃん。
    宮沢賢治生きてたとしても「アイデア盗んだ」とか「使用料よこせ」とか騒がないと思うよ。999。

  3. 見ました見ました。
    ヤマト騒動のこともあり、
    著作権に関して敏感なのかなぁ、と思ったりもしますが
    コレは本当に大人気ない。
    ワタシもイラナさんと同様
    「TVアニメは見てたがコミックスは序盤くらいしか読んでない派」で
    このフレーズにはまったく覚えがありません。
    てかこの騒動で「999の思想って、そうだったの?」
    と驚いたくらいであります。
    槇原氏側も「銀河鉄道はどーなのよ」と
    ツッコんでるらしいですね。
    売名行為ならほんとに意地汚いです。
    メーテルが聞いて呆れますわナ。

  4. >トリスさん
    最近(昔からか?)の松本零士は、やたらとそういう権利関係にうるさいね。
    ヤマトの時もそうだったし。
    ガキンチョの頃結構好きだったけど、
    発言聞いてるうちになんか読むのすらうんざりするようになって来ちゃったよ。
    作品に罪は無いんだけどねぇ。
    >ゆん
    お、コメントでけてるやん。
    しかし出来ない確率の方が高いのはなぜだ…
    >ってか「銀河鉄道の夜」に着想を得た作品自体は?
    あ、あえて触れなかったことを(笑)
    えーと、それについては、日本語には「本歌取り」とゆー便利な言葉があるじゃないか(笑)
    まあ、宮沢賢治が生きてても騒がないのは、
    人間性の違いもあるとは思うが。
    今の松本零士は、彼の作品の主人公ではなく、それをとりまく小人物に成り下がってしまったのかねぇ。

  5. >かやのさん
    ヤマト騒動は、そいでも西崎プロデューサー原案だからなぁ。
    mixiの方にもちこっとコメントしたけど、
    元そっち系業界人の知人(取引先)の人も、ちらっとそれっぽいこと言ってたし。
    なんか、金に汚くなってきてる気がする。
     #最近見なくなったけど、ヤマト車検の看板とか勘弁して欲しかった…
    私も999の思想って知らなかった(^^;)
    てか、裏切るとか裏切らない以前に、
    あれは鉄郎の夢を打ち砕く話だと思うのだが。
    夢を叶えるためには代償が必要、
    その代償を払ってまで叶える価値のある夢なのかを問う、みたいな話だと思ってた(笑)

  6. >ふじじ
    「忘れられた時の惑星」の方を、3話分くらい見た記憶がある。
    なんかイマイチだった。
    「メーテルレジェンド」は「1000年女王」と「999」のリンクみたいでちょっと楽しかったけど。
    思い返してみると、あの辺の絡み合う作品群の中だと、
    「1000年女王」よりも「999」、
    「999」よりも「エメラルダス」、
    「エメラルダス」よりも「ハーロック」の方が好きだったんだよなぁ…
     #ヤマトはまた別

コメントは停止中です。