アルスラーン戦記12巻、12月発売…か?

なんか東スポの見出しみたいなタイトルですが(^^;)
先日、「今年は無理でも今年度中に出るんでは?」と言ってたアルスラーンの12巻が、
なんと今年中に出るという話が。
ソースはこちら。

今日は嬉しいお知らせです。
 田中さんが執筆中の『アルスラーン戦記』新刊ですが、巻タイトルが『暗黒神殿』と決まりました。また、発売日も12月6日に(ひとまず)決定です。
 どうぞお楽しみに。

それにしても11巻「魔軍襲来」が去年の9月だから、
田中芳樹にしては非常に珍しくいいペースなのでは?
 #私だって4年位先だと思ってたし(笑)
問題は予定通り発売されるかどうかだけど、実際のところ余り期待してないしなぁ(^^;)
少なくとも今年度中に出れば全然許容範囲でしょう(笑)
それにしても、アルスラーンが出るのは嬉しいけど、創竜伝の14をはよ書いて欲しいものだ。
妖魔に囲まれたペシャワール城の運命やいかに?
三人の娘たちはいったい?
皆殺しの田中芳樹は、一体この先どのキャラを殺していくのか?
アルスラーン戦記12巻、12月6日発売(一応)予定!!!

アルスラーン戦記12巻、12月発売…か?” への4件のコメント

  1. もう、ストーリー展開忘れた頃に出されても‥‥‥
    読み返すの、おっくう。もういい。
    こうやって読者は離れていくのだ!ぷん。

  2. 僕としては七都市やタイタニアの続編が読みたいな、つまんないシェア本や外国物出すよりもね。ところで銀英伝の第2部がコミックリュウで再開されたね、まぁこちらはコンスタントに出ることは間違いないから心配しないでいいけど…。とにかく作者急死で未完に終わらないことを祈るのみです。それにしても書くこと以外に今の彼にすることがあるのだらうか?じんせいのバカンスかなぁ?

  3. >トリスさん
    悪魔の計らい…どっちとも取れるなぁ。
    もしや、遅れることを期待してる?
    >ゆん
    まあ、そう言わんと。
    だからこそ、光文社版が発売されたのであろ。
    幸い角川版持ってなかったから、全巻揃えたし、読むか?
    >つっちぃさん
    七都市や灼熱の竜騎兵のシェア本と中国モノはねぇ。
    あれはファンのためというより、書けない自分のためでしょ、所詮。
    道原版はルビンスキーがルビンスカヤな時点でどーなのよ、と(^^;)
    ルパートとかドミニクの立場は…
    ルパートはそのままとしても、やっぱしドミニクはドミンゴとかって名前になるんだろうか…
    そーすっと、イメージCVはアニメ版と逆転かな(笑)
    書く事以外にすることがないから、逆に書けないのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です