ヤッターマンとガッチャマンまで実写化だとさ

もう、なんだかなぁな感じ。
最近漫画→実写、アニメ→実写の映画が多すぎ。
去年は「笑う大天使」の映画でも泣きを見たしなぁ。

インデックスHD子会社の日活が、往年の人気アニメ「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」を実写映画化する。ヤッターマンは2009年春公開を目指す。

ヤッターマンの監督は妖怪大戦争の監督だそうだけど。
テレビで見た限りでは微妙な映画だったしなぁ、あれも…
デビルマンやらキャシャーンやらと同じ結果にならなきゃいいが。
漫画とかアニメが元になってるヤツって、
ビジュアルが強烈に刷り込まれてるから、
オールドファンにはブーイング食らうしねぇ。
せめて、東映まんがまつり(ふるっ!)みたいにワンエピソードだけの映画にして欲しい。
大概この手の映画って詰め込みすぎて失敗するから。
しかし、キャシャーン、ガッチャマンときたら次はポリマーかなぁ…
あれが一番無理がありそうだけど…

2 thoughts on “ヤッターマンとガッチャマンまで実写化だとさ

  1. …何かと思ったらコスプレかよw
    まあ、山本正之が音楽担当で、
    アニメの第一話、第二話くらいを丁寧に1時間半位でやってくれるってんなら多少ほめてやってもヨシ、みたいな。
    しかし、ほんとーにネタ切れだねぇ。
    それとも、NANAとデスノの影響?
    ドジョウ狙いで作品破壊は勘弁して欲しいな。

コメントは停止中です。