カルドセプトDS その1(続くのか?)

16日に届いてました、カルドセプトDS。
しかし・・・予約しといたのに特典ついておらず・・・orz
どうも値段に目がくらんでショップの選択をあやまった模様(泣)
まあ、それは公式ガイド買えばいいことなので、
いいっちゃいいんですけどー(負け惜しみ)。
電源投入するとオープニング(カルドラとバルテアスの話)が流れて、
「お〜、この辺はPSと変わってない〜」って、
昔のカルドセプトをやってた人なら、非常に懐かしく感じると思われ。
あ、今更だけどカルドセプトとはなんぞや?と言うと、
簡単に言えば、トレーディングカードゲームとボードゲーム(モノポリーが一番近いかな)の融合版。
地水火風+無属性の5種類の土地が配された、様々な広さと形のマップ上で、
セプターたちが土地を奪い合い、魔力を奪い合って頂点を目指すゲームです。
ま、興味があったら公式ガイドでも(笑)

カルドセプトDS 公式ガイド~カード&タクティクス~ カルドセプトDS 公式ガイド~カード&タクティクス~
スタジオサバイヴ:編著

by G-Tools


んで、まずは新規セプターの作成。
この辺は旧カルドセプト(と言っても私はPSのカルドセプトエキスパンションしかやっとらんのだが)とほぼ同じかな。
アバター入れてー、名前入れてー(なんと漢字が扱えます)、
初期ブック(4種類のうちのどれか)決めてー。。。
早速ストーリーモード!…とその前にもう一個やらなきゃいけないことが。
そう、Wi-Fi接続の設定ですね。
だって、今回何が楽しみって、Wi-Fiの対戦と、あとは追加マップ&カードのダウンロードだもの。
これをやらなきゃ、買った甲斐がないってもの・・・
だけど、そのときにちょっと気になることがいくつか。
<その1>
Wi-Fi接続をするまではセプター名を変更できます」
つことで、一度Wi-Fi接続をすると、名前は絶対変更できません。
Wi-Fi接続すると、友達コードってのが自動生成されるんだけど、
それはどうやらソフト毎に固有の番号で、名前とひもつけされている模様。
「どうしても名前を変えたかったら、もう一本ソフトを買ってくださいよ」
ということですな。
ちょいとあこぎな商売に思えなくもないけど、
荒らしとかニセモノ対策ってことで多少は仕方がないのかも。
 #だったら二本目割引とか、友達コードだけ別販売するとかっていう方法もありそうだが…
なので、Wi-Fi対戦を楽しまれる方は、セプター名に気をつけましょう(笑)
<その2>
こないだちょっと書いたけど、WEPしか対応してないのがちょっと気に入らなかったりする…
あと、バッファローのAOSS対応無線ルータだと、一発でつながってくれるようですが、
ウチのコレガ君でちょっと難儀をしました。
AP検索すれば出てくるし、WEPキーは正しいのに、なーぜーか、接続テストで失敗する…
仕方がないので、IPの自動取得をやめて、手動で地道にIP設定やったら正常につながるし。
よくあるっちゃよくある話だけど、こないだ急にMacと艦載機のIPが重複するって事態もあったし、
うちの無線ルーターがおかしくなってきてんのかなぁ…?
まあ、設定についてウダウダ書いててもしょうがないので、プレイの方に。
といっても、ストーリーモードは全然変わってないねぇ。
ゼネスがどこにでも湧いてきて(笑)、
「今度こそおまえを倒ぉぉぉぉぉすっ!」
って暑苦しく雄叫んでみたり、
相変わらずミランダが編み物しながら
「くすくす」
って不気味にわらってたりしてますが。
 #今日の時点でまだミランダ倒せない…
  戦闘しないセプターなんて嫌いだ…
  #そういう意味では、ゼネスなんかはブック構成さえ見切ればかなり扱いやすいよね
操作性で言えば、上画面がマップ、下画面がステータス(順位とか砦の通過状況とかクリーチャーの情報とか)表示。
操作は十字キーとABXYLRに大概の機能が割り当てられてて、
タッチパネルはほとんど使わないですむ作りなのでこの辺は好感度高し。
DSの小さい画面でも、マップモードを駆使すればそれ程ストレス無く全体を見る事ができるのも○。
ちょっと話がずれるけど、
ブック編集の時も、上にカードグラフィック、下にステータス表示だしね。
上下画面を上手に作ってるな、とは思う。
惜しむらくは、ブック編集画面とか、アルバムとか、画廊(あ、もちろん今回もあります)とかで、
画像を拡大した際にLRか十字キーで次のカードが表示されればなぁ、と…
その辺はもう少し慣れてくれば気にならなくなってくるのかな。どうなのかな。
あ・・・長くなってきた&とりとめなくなってきたので、
とりあえずこん位にしておこ。
もしかしたら(その2)に続く・・・かもしれない・・・(^^;