VAIO Pより小さい富士通のLifeBook

まだ海外でしか発表されてないけど。
半端なサイズのVAIO Pより小さくて軽くて、Windows7搭載ってのが気になってしょうがない・・・

かつては小型ノートパソコンへのニーズは「日本市場独自のモノ」という時代もあったものの、ネットブックの登場以降、昨今は世界的な盛り上がりを見せている。国内外メーカーから持ち運びに便利な小型ノートパソコンが次々と登場しているが、富士通は12月2日、海外で重量わずか500グラムに満たない「LifeBook UH900」を発表した。同社は「最も小さいマルチタッチハンドヘルドPC」としている。


詳しいスペックはこちらに。

なんともよさげなデバイスが登場しますねw
LooxUがWindows7のアップデートモデルが出なかったのでこのまま富士通はご退場かと思われたのですが・・・
新型のLifeBook UH900として登場します。

のーみそがAtomだけど、メモリは2GBあるし、こんな小さいやつにグラフィックのスペックは別に求めないし。
バッテリーが3時間程度なのが気になるけど、クロック落として駆動時間を延ばすモードもあるらしい。
これでキーボードがあってこのサイズは魅力的だよなぁ・・・
早く日本で発表されないかなぁ・・・
これ+イーモバのPocket Wi-Fiだとかなりいい感じな気がする。。。
iPhoneでいいじゃん、っていわれそうだけど、やっぱりキーボードほしいんだよ・・・

1 thought on “VAIO Pより小さい富士通のLifeBook

  1. 久々に登場
    ミニPCってちっともミニじゃないのな。
    シャープがザウルスで培ったダウンサイジング技術で
    とっととポケットPC作るもんだと期待してるのだが。
    脳みそAtom 結構じゃないですか。そこそこ早いと思うぞ。
    あ、オマエんとこからきたPCご臨終って感じ。
    では。

コメントは停止中です。