濱田屋の屋形船

B-Promotionのレビュアー募集に当選したので、屋形船初体験。
提供は濱田屋さんという大正時代創業、現在四代目の由緒ある船宿さん。

濱田屋さんのサイト
屋形船 東京 濱田屋 | 東京観光屋形船
 #なんとMTベースのサイトです
 #社長さん、ブログも書いてます→東京の屋形船ではたらく社長のblog
 #サイトはMTベースなのにブログはなぜかアメブロ(笑)

屋形船って言うと夜の宴会貸切コースで敷居が高いというイメージがありますが、
濱田屋さんの屋形船は、もちろん貸切もありますが、
それ以外に乗合船という二人から乗れるシステムがあります。

で、この乗合船には昼間コースと夜間コースがあって、こんな感じ。

  • 昼間:松花堂御膳コース
    • 大人…税込7,800円(平日・休日共)
    • 子供…税込6,300円(平日・休日共)
  • 夜間:特選会席コース
    • 平日(月〜木) 大人…税込10,000円
    • 金土日祝 休前日 大人…税込10,500円
    • 平日・休日共 子供…税込6,300円

これで乗船料+ご飯+飲み放題がついているので、結構リーズナブルだと思います。

さて、今回のレビュー対象となるのは、夜間の特選会席コース。
乗船したのが金曜日だったので、なんと10,500円です。
 #これがタダでモニターできるのはかなり嬉しいですね
 #B-Promotionサマサマであります

乗船したのは、濱田屋さん擁する国内最大級(全長30m、定員80名))の屋形船、第十八濱田丸。
遠目から見るとこんな感じ。
18hamadamaru.jpg

乗船すると、入り口のそばに流水の滝があります。
水が流れてて涼しげです。
taki.jpg

中に入ると、さすがに定員80名の大型船、広々〜としてるんですが、
私らは最後の方に乗船したため、人が一杯写ってて写真が上げられません(^^;)
 #だってモザイクかけるのは興ざめじゃない?

入って奥にはカラオケセット、そのさらに奥に水洗トイレがあります。
 #通信カラオケだそうだけど、どうやって通信してるんだろう…?
 #トイレは女子×1、男子×1、男女共用×1の構成です
karaoke.jpg

そして、席につくとお料理の大半が既に並んでます。
ryouri_01.jpg

お品書きがこちら。
ryouri_02.jpg

先付
ryouri_03.jpg

厳選一品
ryouri_04.jpg

冷製
ryouri_05.jpg

お造り
ryouri_06.jpg
 #他のお料理は写真を撮るのも忘れて食べました、ごめんなさい(^^;)

これらのお料理は、中々に美味です。
特に好みだったのは、豚しゃぶ冷製と天麩羅。
豚しゃぶのゴマダレもよかったけど、
アナゴの天麩羅がホントにサクサクでおいしーの。
エビもぷりぷりだったし。

ただ、分量が…多いです。
お酒飲みつつ、ゆっくり景色を見つつ…だとかなリ苦しくなります。
特に飲み放題だからついついビールとか飲んでると、余計にね(^^;)
最後の五穀米の自然薯かけごはんは美味しかったけど、お腹一杯で食べるの苦労したもの。
蛤のお吸い物も飲み切れなかったし(^^;)
分量が多かったので、美味しいのに残しちゃったのがちょっと悔しい。
お料理のクオリティは下げずに、
量がもう少し軽くてお安いコースがあると嬉しいかな。

お酒も飲み放題。
でも飲み放題メニューの日本酒は大関で、
これは好みでなかったのでもっぱらビールばっかり飲んでました。
 #だから余計にお腹が一杯になったともいう(^^;)

一応飲み放題以外に別料金メニュー(八海山とか浦霞とか)もあるんですが、
一升瓶しかないのでこれはとても手をつけられませんでした。
飲み放題メニュー&別料金メニューのお酒についても、
もう少し検討していただきたいところ。

なお、ちゃんと飲めない人のためにノンアルコール飲料も飲み放題です。
詳細はこちらを見ていただけると。

お料理の説明はコレぐらいにして、次は屋形船が回るコースの説明です。

course_01.jpg←机にあった案内図
course_02.jpg
↑実際に回ったコースを、記憶に頼って赤い線で弾いてみました
(ターン位置は記憶違いの可能性が非常に高いので、違ってたらゴメンナサイ)

他にももっと奥まで行ったり、ディズニーランド方面に行くコースもあるんだそうですが、
今回はオーソドックスなコースなんだそうです。

船そのものは大型なせいか、移動中も停泊中も、
船酔いするような揺れはあんまり感じませんでしたね。

ただ、水上バスとか乗っても船酔いしたことないので、
私のこれはあまり当てになりませんが(^^;)
乗り物に弱い人にはちょっときついかもです。

ガイドをしてくださるのは四代目社長の松本博幸さん。
matsumoto.jpg
 #松本さんのご許可はいただいております

軽妙なおしゃべりと、丁寧なスポット解説が楽しませてくださいます。
私は結構司会のすぐそばの席だったので、
ボソボソっと言った質問が聞こえてたらしく、そのままマイク通して返答されちゃったり(^^;)
 #飲み放題以外の日本酒、一升瓶しかないから「一升瓶はいらんなぁ…」→「小瓶検討中です」
 #トマトとエビのファルシー、「トマトはかじっていいんだろうか」→「食べられますからお好きに〜」
 #ゆんに「声でかい」って怒られた(^^;)

この後、B-Promotion主催の株式会社D.P.EYE、中沢社長のご挨拶もありましたが、
 #写真掲載の許可いただいてないので、アップはパス。
 #今後も色々な企画、よろしくお願いします>中沢社長
で、ご挨拶の後は松本社長のガイドを聞きつつご飯を食べつつ、
ひたすら風景の写真撮影を。

夜間撮影がヘタクソなのと、手ブレ補正では回避しきれない程度には船が揺れてるので、
ブレまくり&どれがどこだか不明なのが多いですが(^^;)
それでもいくつかマシそうなものをアップします。
 #場所はわかる範囲で画像に書いときます

kachidoki_01.jpg
kachidoki_02.jpg
eitai.jpg
bird.jpg
chuo.jpg
tsukiji.jpg
odaiba.jpg
pallet.jpg
ふう、写真多くてくたびれた〜(^^;)

んでも、東京湾の夜景、隅田川の夜景、まだまだ捨てたもんじゃないですね。
特に停泊時に屋上デッキにあがると、風も気持ちいいし眺めは格別。
花火の時期は混んでるんでしょうが、ここから見たらさぞ絶景でしょうね。
2時間半、たっぷり楽しめました。
昼間コースも乗ってみたいな〜。

ゆんと言ってたのは、結婚記念日とかでのご夫婦デートなんかにいいんじゃないかと。
ホテルのスカイラウンジよりも風流で気が利いてると思います(笑)
今度オフ会(それこそ海の食欲魔人とか)で使ってみようかな?

なお、濱田屋さん、現在夜の宴会コースの無料チケットをペア3組にプレゼント、
というキャンペーンをやっているそうです。
この機会に応募してみてはいかがでしょうか?

キャンペーンバナー

B-Promotion

濱田屋の屋形船” への7件のコメント

  1. こんにちは!
    私も金曜日、船に乗ってました。
    近くのテーブルの人以外交流がなかったのが残念です。
    今、記事を読んで蒼くなりました。
    公式HPでは両国でUターンと書いてあったのですが、その手前だったんですね。
    確かに両国は覚えてません。
    でも、食べるのに忙しかったのでそのせいだとばかり・・・(^^;
    記事からリンクさせていただきますね。
    TBもさせていただきました。

  2. こんにちは。
    料理はおいしかったですが、量が多かったですね。
    松本社長のトークも楽しくて屋形船にもう一度乗りたいと思わせる体験でした。

  3. >さとちんさま
    両国は写真に撮った記憶が無かったのと、
    手元の写真が新大橋までだったので、
    今回あそこでUターンさせてみたのですが…
    記憶違いの可能性があります。
    ですので、社長のブログに突撃してみようかと思っております。
    確認後、訂正する可能性がありますので、
    ブログに掲載はご容赦を〜m(_ _)m
    しかし、あんまり他の方とコミュニケーションできなかったのは確かに残念ですね。
    >stanakaさん
    そう、量が多いんです。
    飲み放題ならもう少し量を減らした方がもったいなくないな〜と。
    残されちゃう料理がかわいそうだし、、
    料理長にも申し訳ないし。
    また乗りたいんだけど、それは検討して欲しいな、と思いましたね。

  4. 濱田屋の屋形船 PART3 〜総まとめ〜

    濱田屋の屋形船 PART1
    濱田屋の屋形船 PART2 〜食事編〜
    と続いてきましたが、
    最後 総まとめ でございます。
    携帯投稿から数えて4…

  5. Irana様
    記事修正させていただきました。
    承諾も得ずに紹介しちゃってごめんなさい。
    TBも再度してみましたが、どうでしょうか?
    今度は出来てますでしょうか?

  6. >さとちんさま
    お手数をおかけして申しわけありません。
    TBは大丈夫でした。
    >ふじじ
    >ブロガー招待日
    んー、そうだけど、記事を書くのが前提なので、展示会のプレスオンリー日みたいな感じかも。
    だってみんなしていっせいに写真撮影してたもの(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です