角松敏生 Prayer’s Prayer Special@中野サンプラザ3日目

中野最終日、かつPrayer’s Prayer Tour最終日です。
気合い入れて聞いてきました。
サンプラザ出た直後に携帯から書いたけど、
最終日にふさわしい、いいライブでした。
終わっちゃうのがもったいないくらい。


メンバーは完全に昨日の二日目と同じだったので割愛。
山内さんとツインベースかと思ったら、松原さんだったわ、、、
うみゅー。。。
まあ、ツインベースはPA大変だから正解かもしんないけど…
タダでさえツインドラムで大変だしねぇ。
では、セットリスト。
本日、細かいツッコミはあまりしません。
ツッコミ用メモを取る余裕がないくらい、みんなの(特にGADDの)プレイに集中してたので。
MCもほとんど大差無いしね(^^;)
■ Set List ■
UGAM(Prayer)
Movin’(Prayer)
恋の落とし穴(Prayer)
You made it(Prayer)
今日のGADDは、また気合が乗っててすごかった
<MC>
メンバー紹介
Still know nothing at all(Prayer)
アイシテル(Prayer)
<MC>
沖縄ネタ
新良幸人登場
満天の星(新良幸人)
かなし花(Prayer)
<MC>
沖縄チーム登場
この辺は昨日とほぼ同じ
Always be with you(しゃかりversion)
<MC>
奥様、今夜もお願いします
カメラ入ってるからって、そっち意識してちゃんとやろうとするのやめたー。
普通にします、普通に
Smile(Prayer)
Tripodコーナー
interlude(by Tripod)
Rain Man(PAST & THEN)
<MC>
Girl in the box(Tripod version)
IZUMO(Tripod version)
<MC>
弾き語りタイム
・この曲はアルバム当時今さんにソロを弾いてもらいたくて依頼したら断られた!!!
・結局そのときソロ弾いてくれたのは松原正樹さん
・って本人に言ったら「そんなことない」って言い張ってる
・じゃあ、最終日に一人で弾き語りもさびしいし、一緒にやろうよ
あるがままに(弾き語り)
これ、大好きなのよ。
凍結当時思い出して泣きたいやら、ライブで聴けて嬉しいやら… 。・゜(゜⊃ω⊂゜)゜・。
でも、最後のコーラスが入る繰り返しのところまでやって欲しかったなぁ…

盛り上がりたいむ
日照雨<SOBAE>(Prayer)
リカー!(PAST & THEN)
この辺からGADD先生、また気合が乗ってきた感じ。
<MC>
痴漢電車(存在の証明)
How is it?(Fankacoustics)
Mannequin(Prayer)
Prayer(Prayer)
〜Encore〜
千秋と凡子が、トナカイ帽子かぶって出てきた(笑)
んでもって森さんと信吾ちゃんでいきなりクリスマスソング弾き出して、二人が踊ってた

<MC>
オリジナルドラマーでお届けします。
中野スペシャルってことで2曲続けて。
e-1.愛と修羅(存在の証明)
e-2.浜辺の歌(TIME TUNNEL)
なんか、昨日の鬱憤を晴らすかのようなドラムだったよ、GADD先生。
ものすごかった。

<MC>
ひそかにSTEVE GADDさんの事を、皆で「ガッちゃん」って呼んでました
角:「せーの」
客:「「「「「「「「「「ガッちゃーん!」」」」」」」」」」
ワシらも角松もお馬鹿だ(爆)
そして、今日もガッちゃんにあの曲を叩いてもらっちゃいます。
e-3.Take you to the sky high(On The City Shore)
ラストの江口さんとのかけあいドラムソロ、本イチのすごさ。
<MC>
e-4.月のように星のように(シングル「Startin’」収録)
〜More Encore〜
<MC>
少なくとも30周年までは角松ブランドでこのクオリティを保ってがんばって行きたいと思います。
あと5年と少し、それまで皆さんもお元気で…
30周年なんてケチクサイこと言ってないで、40周年、50周年目指しなさいっての。
少なくとも40周年までは頑張れよー。だって、40周年でようやくGADDと同い年になるんだから。
ああいうパワフルな61歳目指すんでしょー?

黙想
〜More More Encore〜
さすがに最終日、客が帰りません(笑)
やがてステージ照明が明るくなり…

角松登場!
弾き語りでもやるのかと思いきや…
全員登場!!!!
しかも今度は千秋と凡子だけでなく、
今さんまでトナカイ帽子…いや、そう言うキャラらしいってのは去年でわかってましたが…
松原さんは変なニンジン帽子かぶってくるし(25周年の時に使ったヤツだと思う)
そして全員揃ったところで

Prayer再び
ここでもGADDのドラムが冴える冴える。
本当に、あれが61歳とは信じられん…

途中友成さんと森さんのソロのとき、二人してトナカイ帽子かぶってた(笑)
そして、最後に全員前に出てきてご挨拶。
何故かGADDの両脇は千秋と凡子、しかもGADDったら肩組んじゃったりなんかして(爆)
そして、メンバーが退け、最後に残る角松。
これはもしや…?

NO END SUMMER(弾き語り)
会場大合唱でした
■ 総括 ■
ああ、、、もう、何を言っていいのかよくわかりません。
昨日のあの不満はなんだったんだろう? てなくらい大満足でした。
メンバー皆、今回のツアーで一番いいプレイだったんじゃないの?って位楽しそうだったし。
そしてまたまた今日は視線がGADDに釘付け。
GADDの動き見たさに、買うつもりのなかったオペラグラス(3,500円)まで買っちゃった位。
 #こんなに角松をマトモに見ないライブって初めてだ(爆)
で、昨日のもちょっと考え方変えてみたんだけど、
GADDが刻んで支えてるから江口さんが好きにフィル叩けたのかも。
今日はバシバシまたアイコンタクト取ってて、二人とも気分よく叩いてたみたい。
でも、見てて思ったけど、中盤の打ち込み系の曲はやっぱ叩きにくそうに見えたなぁ。
曲によって明らかに首の動きが違うの(笑)
テンポにかかわらず、余裕のある曲って譜面見ながらでも頭でリズムとってるんだけど、
微妙な曲(アイシテルとか打ち込み系)は頭ほとんど動いてないし…
でもって、打ち込み系の曲でも途中の余り気にしなくていいところになると急に頭が動き出すの(笑)
 #って私は何を見ていたのだ(^^;)
今日はカメラが入ってて、DVDになる、という噂もあるので、
出たらちゃんと確認してみたいと思います。
でも、そうだよね、GADD来てるのに記録しないわけないよね、角松が。
いや、ほんとに楽しかったです。
3日間行ってよかったなー。
いつかまたこのメンバーで、Prayer’s Prayer AgainとかPrayer’s Prayer Revengeとかやりたい、って言ってたので、期待してます。
是非、そのときはまたガッちゃんを呼んで(笑)
来年はどんなアルバム出してくれるのかなぁ。
今回のPrayer’s Prayer Tourはかなり”らしい”音になってきてるから、次回作&次回のツアーに期待。
もちろん、青木さんがいないこともあって、今後の音作り計画も色々変わるんだろうけど。
でも、色んな事乗り越えて今の角松の音があるんだし、
また新しい顔を見せてくれることでしょう。
いいもん聞かせてくれて、みんなのプレイを見せてくれて、ありがとね、角松。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です