F906i関連記事まとめ

まだちゃんと自分でも読めてないので、
とりあえず後でまとめて読もうかと思って。

ヨコモーションがさらなるスリム化と機能のブラッシュアップを果たし、カスタマイズの自由度が広がったのが富士通製の「F906i」。新機能の「クイック検索」と「ウォーキングチェッカー」の使い勝手を試した。

待受画面上からすぐ、Google検索できるサーチ機能に注目が集まる「F906i」だが、実は細かい機能の強化点も見逃せない。端末の傾きに連動する待受画面、よく使う機能に待受画面上からアクセスできる待受ショートカット、7色から選べるバックライト、YouTubeを視聴できるFlashなど、多彩な機能が搭載された。

端末内のデータを強力サーチで検索——。日々蓄積される大量の端末内データから、必要な情報をすぐ探せるのが富士通製FOMAの「F906i」だ。端末にはセンサーが内蔵され、タップで音やバイブを止めることが可能。健康に配慮した歩数計機能も装備する。

でも、ざっと目を通した感じだとF906i、大分よくなってるんだよな・・・
どうしようかな、欲しいけど、ただハイスピ3.6Mしか出ないんだよな>F906i
それに、変えるにしても、F904iから素直に変えるか、
それとも手持ちのほとんど使って無いデータカードの方で変えるかも悩みドコ・・・
うーん。

2 thoughts on “F906i関連記事まとめ

  1. そう言えば、htc zなるスマートフォンが法人向けに出ていたのであったな。 やっぱこれを法人向けとしか考えられないところに、ドコモの親方日の丸的体質(もうとっくに私企業になっているにもかかわらず)というか、頭の固さが表れておる様な気がしてならん。これ、個人向けに出したらきっと売れてたんじゃないかと思うぞ。少なくともワシは買っとったな。
    やっぱこれからはケータイではなく、B5ノートかそれより小さいPCに高速データカード(例えばイーモバの7.2mbpsとか)を組み合わせるのがベストかもしれんな。

  2. 逆に個人ユースのスマートフォンがドコモで売れるのか、って気もするんだけどね、私、実は。
    少なくとも、今の市場でスマートフォンの分野はウィルコムが完全に一歩ぬきんでてると思われ。
    ケータイはケータイで使い道は十分あるしなぁ。
    電車の中で立ったままノートを使うのはしんどい。
    それに、最低限Felica積んでないと嫌だなぁ>モバイルSuica利用者
    つか、Fの使い勝手(特に指紋とヨコモ)に慣れるとマジ離れられん・・・(^^;)
    私の趣味としては、スマートフォンよりもやっぱUMPC+データカードだなぁ。
    できればUMPCでもQWERTYキーボードじゃなくて、
    キーピッチ小さくていいからフルキーボードがいいけど。
    やっぱし親指タイピングはしんどいよ。
    だから、HPのやつ気になるんだけどね。

コメントは停止中です。