ちょっと変わった電子楽器「TENORI-ON」5/12国内発売開始

ようやくこの記事に手をつけられる(^^;)
16×16のLEDボタンで操作するヤマハのTENORI-ON
去年の夏に、某A倉D介ファンの派遣さんに教えてもらって存在は知ってたんですが、
ついに国内発売開始するらしいですね。

ヤマハは4月25日、電子楽器の新製品「TENORI-ON」(テノリオン)を発表した。16×16個のLEDボタンを使って直感的に操作する全く新しい“音楽インタフェース”。昨年9月から英国でテスト販売を行い、多くのプロミュージシャンや音楽愛好家に受け入れられている。国内では5月12日からネット直販を開始する予定だ。価格は12万1000円。


英国でテスト販売…とか言ってる割にはA倉がライブで使ってたらしいんだけど(笑)
ちっちゃいボディで、しかも演奏するのはLEDボタンを操作して、なんだけど、
結構いろんな事できるのね、TENORI-ON。。。

音源には、253の音色を持つAWM2音源を使用しており、SDカードスロットを使ってサンプリングしたオリジナルの音を追加することもできる。ボタンの押し方でさまざまな演奏が感覚的に行えるモードなど6つの演奏モードを搭載。シンセサイザーやシーケンサーのように音楽を制作していくモードもある。さらに画像処理ソフトのような“レイヤー”機能を駆使して、パートやトラックごとなど、段階的に楽曲を作成することができるという。シーケンサー機能も内蔵しており、演奏データをSDカードに記録したり、MIDI接続したほかの楽器と演奏するといったことが可能だ。

デモソング聞いてみたけど、音はそんなに悪くないし、
ライブで使うのには面白いかも。
触ってみたいけどヤマハのサイト直販らしいんだよねぇ。
渋谷のヤマハだったらデモ機位は置いてあるかなぁ?
ま、触っても買いませんけどな(^^;)
これ買う位なら、MOTIF RACK XS買うわ。
どっちにしても購入資金ないけどさ、、、orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です