ホビット 思いがけない冒険

えー、FOX通信超久々のまともなエントリーです(笑)

昨年末の話ですが、「ホビット 思いがけない冒険」を見てきました。
本当は2Dの字幕版が見たかったんだけど、色々スケジュールの都合でそちらは諦め(泣)、やむなく3D吹き替え版。

映画『ホビット 思いがけない冒険』公式サイト

監督交代やら訴訟問題やらと色々すったもんだありましたが、
なんとか無事に公開までこぎつけてよかったよかった。

ということでざっくりの感想など。
ちょっと間が空いたので、記憶が曖昧になってる部分もありますがご容赦を。

今回もスタートはイアン・ホルムの年取ったビルボから。
今回の「ホビットの冒険」=指輪の時代のビルボの回想、という位置付けらしく、
「旅の仲間」のホビット庄のシーン、ビルボの誕生日にビルボが本書いてた、
あそこにつながる作りになっててgood。
衣装デザインもほぼ同じもの(全く同じかどうかはDVDで見比べないとわからない(^^;))。

 マーティン・フリーマンの若いビルボ、ポスターではフロドっぽいのに、
キャラ的には非常にピピン臭い(笑)
このギャラリー写真なんて表情までピピンっぽくて、
ガン爺が「トゥックの血」って言ってるのがものすごくよく分かる(笑)
確かに血筋的には牛唸りのトゥック翁の孫だし、結構トゥックの血も濃いんだよね>ビルボ

袋小路屋敷へのドワーフ襲来シーンは爆笑モノ。
貯めこむのがホビットの習性とはいえ、ビルボの貯蔵庫、すごいな。
それを全部食べつくすドワーフ達のお腹もすごいけど。
皿を足で蹴って割らずに綺麗に並べ直すのも素晴らしい。
 #でも、皿を蹴るな、と言いたいところではある(笑)

トーリンはやっぱりドワーフとしては破格のハンサムですな。
キーリとフィーリもハンサム系だけど、リチャード・アーミティッジの風格には叶いませぬ。
若僧くんだから可愛らしいけど、愛嬌ではオーリに勝てないしなぁ…
バーリン…渋くて美味しいトコ持ってってるけど、後々の運命を考えると…(涙)
ドワーリンとビフールはどう見てもどこぞのバーバリアンです(笑)
個人的には某ネズミの遊園地にいそうなキラキラお目々のボフールと、
おでぶちゃんなボンブール兄弟が好き。
オイン、グローイン(ギムリパパ)、ノーリ、ドーリは…ちと影が薄かったような…
 #原作未読であの十三人を全員覚えられた人はいたんだろうか(笑)

今回のテーマであるドワーフ達の霧降山脈の歌はすごく好き。

当然サントラも購入予定。

B009T9XEUQ 映画 ホビット 思いがけない冒険 オリジナル・サウンドトラック
ハワード・ショア
ユニバーサル ミュージック クラシック 2012-12-12

by G-Tools

例のトロル共はバッチリです(笑)
 #キャスト確認したらグローインとドーリとビフールがトロルの声も担当してるのね…
  ああ、やっぱり字幕版見に行かにゃ…

今回茶のラダガストがおもいっきりフィーチャーされてるのにビックリ。
何すか、あのウサギさんのソリは(笑)
原作上は「指輪」の方にチロッとだけでてきて、「ホビット」だと出番なしの筈なのに。
ラダガストがドル・グルドゥアで遭遇したアレはモルグルの剣も持ってたし、アングマールの魔王っぽいね。
死人占い師(サウロン)本人ではなさそう。

「指輪」から引き続きのガン爺、ガラ様、サルマン、エルロンドが一同に会する裂け谷の「白の会議」は…全員老けてます…(T_T)

特にサルマンのご老体ぶりにちょっと泣けてきた。
そら作品時間じゃ60年前でも現実時間は10年経ってるもんなぁ…
ガン爺はお肌の艶というかシワシワ感が指輪より増えてるし、
ガラ様は年齢もさることながら、痩せたせいで余計老けて見えたです。
その中でも一番変わってなかったのはエルロンド(笑)
爺ちゃん俳優&女優の10年と、おっさん俳優の10年って老け方に確実に差があるよね。
おっさんの方がまだ老けが目立たないと思う。

あ、でもガラ様とガン爺のやり取りはちょっと(〃▽〃)な感じ。
いやまあ、上のエルフとイスタリの間で何があるってわけでもないけど(笑)
ガン爺の珍しい表情が見られて、爺萌え(をい)な私としてはポイント高いシーン。

ゴクリ(=ゴラム。もはやゴラムの方がメジャーになったね…瀬田さんの名訳なのに)は、
中の人(アンディ・サーキス)の演技もさることながら、さらに動きが滑らかになってもはやホントーに生きてるんじゃないかレベル。
WETA恐るべし…
なぞなぞ勝負の時の楽しげな表情もそうだけど、『いとしいしと』が見つからなくて探しまわってる時の悲しげな表情。
あの顔を見てビルボがゴクリを殺すことができなかった事が、
LOTRのラストに繋がって行く、ある意味大事なシーンですな。
 #「情けじゃよ」by ガンダルフ @モリア

一個気になったのが、ガン爺が裂け谷の事を「<東へ>の旅の最後の憩の館が~」って言ってた気がするんだけど<西へ>の旅だよねぇ?聞き間違いかな?
東に旅したらモルドールに行っちまう(^^;)
本来は「大海の東に残された」だから、私が聞き間違えたのか、誤訳なのか、脚本ミスなのか…
もう一回見に行かないとわからんな、こりゃ(^^;)

映画としては、三部作の一作目なので当然ストーリー的な消化不良感はあるけど、
「旅の仲間」が解散してバラバラになって終わる&どっちの行く手もあまり明るい未来が見えないのに比べて、「思いがけない冒険」は「俺達の戦いはこれからだ!」的なジャンプちっくな終わり方が結構好き。

早くDVD(Blu-rayでも可)でリピ視聴したいなー。
でも、その前に字幕版字幕版…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です