テレ東:世界遺産 “三大迷宮”ミステリー

久々にトンデモ番組を見ました。

引用元: 世界遺産 “三大迷宮”ミステリー: 番組情報 : テレビ東京
人類の叡智の結晶である世界遺産は、芸術的な美しさや歴史的な背景だけではなく、そこに込められた“人の思い・情念”こそが最大の魅力であり、過去のミステリー・謎を解くための鍵を封じ込めたタイムカプセルでもあるのです。今回は、日本・フランス・イタリアを中心に、エジプト、イランにまで跨る、世界遺産に隠された壮大な3つの謎…“三大迷宮”ともいえる謎に挑みます。

世界遺産見るの好きだし、こーゆートンデモ話は大好物なので(笑)、
昨夜録画しといたのを見たんですけどね。
なんて言うか…ネタはともかく構成つまらんな(^^;)

とりあえずネタは以下の三本。

  • マヤ暦の2012年人類滅亡→実は2015年でエジプトに同じ日付の言い伝えあるよ
  • アントワネット、実は身代わりいて生き延びてたよ
  • 聖徳太子と平家は実はペルシャ人(をいっ!)

基本的にどれも同じ作りで、散々煽って煽って、最後に5分程度で
「今までの流れからこれはきっとこうなんだろう」
的な表現に収束させるという、とても浅ーい浅ーい作りです(^^;)
 #ある意味ザヒ博士の発掘番組に似てる(爆)

まあ、世界遺産見るのは好きだから、
御託は聞かずに画面眺めてりゃそれはそれでアリですが(^^;)

それにしても、はじめの一本目は日本のカメラ初公開遺跡も見られたのでまあよしとして、
二本目は大部分知ってる話だったし、
三本目に至っては最初笑えたけど途中から笑えなくなるし、、、
うーん、いいのか、こんなん放送して、、、 
 #ちなみに二本目は大半フランス革命の話だったので、
  日本の女子は(一部男子も)大概ベルばらでインプット済みだよなー(爆)
  北乃きい、知らないふりして多分知ってたろうなー(笑)

\(・_\)ソレハ (/_・)/コッチニオイトイテ

それにしても、いいのか、聖徳太子ペルシャ人説。
秦河勝ペルシャ人説はまあ、そもそも秦氏自体が渡来人だからまだいいとして、
最近の教科書に掲載されてるっていう聖徳太子非実在説も、
まあある意味聖徳太子の存在自体が神話みたいなもんだからいいとして。
それにしたって聖徳太子=ペルシャ人説は、、、

てか、根拠が、母親の穴穂部間人皇女がペルシャ系ってのがマズかろうよ。
しかも穴穂部間人皇女の名前が

穴穂部間人=あなほべの「はしひと」=波斯人=ペルシャ人

…おおおおおおおおおいっ!!!!!!

それはいくらなんでも牽強付会に過ぎるってばよ…

それじゃ何か?
穴穂部間人皇女の父親の欽明天皇もペルシャ系ってか?
そーなると代々天皇家はペルシャ系なのか?
それとも、母方の蘇我氏の方がペルシャ系なのか?
そーすっと武内宿禰~孝霊天皇(キリがない(笑))辺りまで遡ってみんなペルシャ系なのか?
 #まあ、蘇我氏の中でペルシャ系の側女が産んだ子がいなかったとは言えないだろうけど、
  偏見かもだけど正妻や后に出す娘や嫡子には渡来系は立てないと思うの…

色んな学者さんとか禰宜さんとか宮司さんに対して、
誘導尋問的な取材&都合のいい編集でトンデモ説作る位なら、
もう少しまっとうな学説を組み合わせてトンデモ説作ってくんないかなぁ。
シーザーの暗殺現場やコロッセオの地下神殿、
ルイ17世のDNA検査結果からトンデモ話作ってた前の2つの方がまだマシだよ…
 #そーすっと、ツタンカーメンの死因自体は病死だって判明してるのに、
  「その病気になるように追い込んだ事自体が暗殺計画なんだ!」的な話とかもマシな部類だな(笑)
 #DNA結果がアントワネットだけ合わなかったってのは、
  番組中ではどうも遺体が数年間野晒になってたって話なので、
  身代わりとか以前に単純に埋葬時の遺体の取り違えじゃね?って気もしなくもない(笑)

血筋の話としては、平氏がペルシャ系っつーのもどうかと思うぞ。
文献に「渡来人の多くが平の氏を名乗ってた」って記述があったことが根拠らしいけど、
それは平氏が庇護してて、名乗り許可を与えた渡来人って程度じゃないのかなぁ?
清盛は桓武平氏の高望王の系統(伊勢平氏)だから、
これまた渡来系、となるとますます天皇家の(傍系の)系譜がおかしなことに、、、

文化的背景でも結構トンデモ君で、、

  • 厳島神社が北西に向いてる
    →サーサーン朝ペルシアのゾロアスター神殿が北西に向いてる&水を大事にした神殿
    →実は拝火教の神殿だったんじゃないか
  • 厳島神社の大願寺に祀られた弁財天
    →ゾロアスター教のアナーヒター
    →やっぱりペルシャの影響だ!
  • 厳島神社の舞楽
    →面がどう見ても日本人じゃない&胡人の話
    →清盛が四天王寺の舞楽を伝えた
    →四天王寺は聖徳太子の創建
    →ペルシャ人
  • 祇園→ペルシャ語のギヤーン→ギヨーン→ギオン

ああ、なんか書いてて腹立ってきた。

つーか、弁財天ってのはそもそもヒンドゥーのサラスヴァティーが仏教に習合した姿なのであって、
確かにアナーヒターはサラスヴァティーと同源の女神らしいけど、
弁財天とは歴史的には直接結びつかないのにそれに一切触れないってのもいかがなものか。

あと祇園の話とかもうね…

ペルシャからの影響が全くどこにも無かったとは言わないよ?
中国経由で人も物も流れてきてたし、相当な影響はあったろうからね。
でも、だからってこんな薄っぺらーい根拠で、
歴史上の、しかも皇族系の人物がそのままイコール渡来系の血筋っておかしくね?(溜息)
もちろん皇室の万世一系なんてものがあり得ないのはわかってるけど、
それにしたって、もう少し説得力のある説持ってこーい!!!!
 #こんなん企画会議で通した制作会社、どこだよ、ったく。

(…どんどん話がずれてきたので深呼吸…)

最初に書いた通り、世界遺産の映像は綺麗でしたよ?
ひどかったのは唱えてる説と編集と演出の方。
二本目までは結構笑って見てられたんだけどなー。
三本目でなんか変なスイッチ入れられちゃった気分。
一応ワタシも日本人だったのね(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です