何となく今週の真田丸

いや、初回から毎回見てるんですけどね。

なんとなくメモな感じで、今週の真田丸。

春日信達の調略に源次郎を使った理由→「裏を知らないから真実味が生まれる」で、源三郎の密書の時と同じなのかなぁ。

源三郎と源次郎、どっちと父上に嵌められてるわけだが、精神的ダメージはどっちがでかいのかなー。
源三郎は刺客到来とは言え、出浦さんとのデキレースみたいなもんだったけど、源次郎の場合は調略→謀殺(しかも犯人は敬愛する叔父上)だったしなぁ…

しかし、海津城を取り戻せるって喜んだ直後に刺殺され磔で晒し者にされた春日信達が哀れというか…

やはり、戦国の世では使える物は何でも駒よの…

そんな殺伐とした中、チーム徳川だけが癒やしですw
弥八郎のがいい感じにキツネなので、タヌキ家康とある意味いいコンビかも。
でも脳筋平八郎いないと、それはそれでちょい寂しいw
上杉家は…ごめん、景勝公の中の人の火曜日とのギャップがひどくて草が、草がwwwwwww
いや、春日信達忍ぶとことか中々いい景勝公よ?
しかし、同クールに「お義父さんと呼ばせて」があるとねぇw
あ、でも、ギャップに関しては出浦さんもひどいわなwwwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です