訃報:ルチアーノ・パヴァロッティ死去

携帯から第一報を書きましたが、改めて。
声楽をかじったヒトやオペラファンなら誰でも知ってる、
世界三大テノールの一、ルチアーノ・パヴァロッティがお亡くなりになりました。
なんか、「巨星、墜つ」って気分です。
墜ちたんじゃなくて、お星様になっちゃったわけですが。

AP通信によると、3大テノールとして知られるイタリアのオペラ歌手、ルチアーノ・パバロッティさんが6日、死去した。71歳だった。パバロッティさんのマネージャーの話として伝えた。
 パバロッティさんは2006年7月に、がんの手術をニューヨークの病院で受け退院。昨年、すい臓がんと診断されて7月に膵臓を摘出。手術は成功したが、その後発熱などの症状で再入院となり、8月末に退院してイタリア北部モデナの自宅で療養していた。

個人的趣味で言うと、ドミンゴもカレーラスもなんかイマイチで。
パヴァロッティのあのつやつやで軽やかな歌声が好きだったんだけどなぁ。
 #ちなみにうちのとーちゃん(趣味で声楽やってた)とも声質がよく似てた
  とーちゃんは軽やかと言うより力技タイプだったけど(^^;)
ただ、膵臓癌の手術の後、「症状が安定したから一時帰宅していた」っイザ!の方に書いてあったけど、
もしかしたら実は再発しててでもうダメ帰宅だったのかな…なんて思ってしまった。。。
 #つい最近身近で似たような事例があったので…
とにかく、ご冥福をお祈りします(-人-)

訃報:ルチアーノ・パヴァロッティ死去」への2件のフィードバック

  1. クラシックの歌ものは、合唱関係とか、ソロだとナタリー・シュトゥッツマン以外(なぜ! でも彼女の歌好きなの)はさほど聴くわけじゃないんですが、三大テノールの中ではわたしもパヴァロッティがいちばん好きでした。
    「ダメ帰宅」もしかしてあるかもしれないね。
    最近は尊厳死の一選択肢として自宅で安らかにというのを希望する方もいらっしゃるそうですから…
    安らかなる眠りをお祈り申し上げます。

  2. とても残念です。
    3人の中では一番長生きしそうだったのに。
    やっぱ食べすぎだったんだろうなぁ。
    パヴァロッティのカンツォーネって微妙に歌詞が違うんだよね。
    それがなんていうか、至高のテノール歌手なのに親しみやすい(言い方が悪いが田舎の土着のおっちゃん的な)雰囲気を出してたんだろうな。
    Ridi, Pagliaccio, sul tuo amore infranto!

コメントは停止中です。