中学校の体育、武道を必修化〜中教審了承

そういや、ウチの学校も武道選択は男子のみだったよな…

学習指導要領の改定作業を進めている中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の専門部会は4日、中学校の保健体育で選択必修になっている武道(柔道、剣道、相撲など)を1、2年生の男女を対象に原則、必修化することを大筋で了承した。昨年12月改正の教育基本法に盛り込まれた教育目標「伝統と文化の尊重」の実現を目指す。

個人的には女子の必修化がとってもうらやますい。

3 thoughts on “中学校の体育、武道を必修化〜中教審了承

  1. そういや、いつから体育で武道やらなくなったんだろう?
    ワシは剣道、岳は柔道(だったかな?)やっとった筈だが。
    これも「ゆとり教育」なるものの負の遺産なのかね。

  2. おっとっと。
    選択必修ってなんだろ?
    やってもやらなくてもいいのか、それとも剣道・柔道・相撲から選んで履修するのか?
    もし後者なら今後必修ってなると… 全部やらなきゃならんのかね…。
    そんなバカな。
    それになんで相撲?空手は?(やっぱ空手は日本古来の武道と認めてないのか…)
    もしかすると、日本人横綱が出ず、新弟子検査にも人が集まらない相撲協会の陰謀か?

  3. >兄者
    選択必修は、
    中1…ダンスか、武道(剣道・柔道・相撲など)
    中2…ダンスか、球技か、武道
    だそうな。
    だから、きっと体育のほかに「武道」って授業科目ができて、
    その中で剣道クラス、柔道クラスの選択になるんじゃないかなぁ。
    >空手
    古来の武道云々じゃなくて、空手の方がどうしても怪我の確率高そうだし、
    すーぐ喧嘩に流用されそうだし、
    <学校の授業><保護者の目>とか意識するとやっぱ避けたくなるんじゃないかしらん。

コメントは停止中です。